一流アスリートがビジョントレーニングをする理由

ビジョントレーニングは目(インプット)と脳(情報処理)と体(アウトプット)をつなぐトレーニングです。

認知力や動体視力が向上し、学力、情緒の安定にも有効な視覚機能トレーニングです。 近年はプロアスリートの世界で能力向上としてビジョントレーニングを積極的に取り入れています。(読売ジャイアンツ、湘南ベルマーレ、ボクシングWBAミドル級世界王者村田諒太選手など)Jリーガーの動体視力や瞬間視など目に関する能力を調べたところ、トップ選手とサブ選手で大きく違っていたのが深視力だったそうです。

動体視力などと比べて、深視力がトップと控えの選手のあいだでもっとも大きな差があったのこと。キラーパスで必要なのは距離感。広いピッチ上で敵や味方の距離を把握して、空いているスペースを早く使うことができる能力です。

しかも、この距離感がつかめていないと、パスミスをして即失点につながることもあります。ピッチを俯瞰して見ているかのようなプレーに対して「視野が広い」という言葉が使われます。

これは「深視力」という能力のこと。深視力とは複数のものの距離感を認識する能力になります。距離感のベースとなるものです。

(参考サイト https://tctv.ne.jp/sports/10293/)

子どものときに深視力は鍛えられる

深視力はパスを出す側になるミッドフィルダーにはこの重要な能力といえます。
多くのプロサッカー選手はピッチを俯瞰的に見る感覚を持っていると言われています。深視力が鍛えられるのは子どものとき。残念ながら、大人になってから鍛えるのは至難の業で結果が出てくるまでにも時間が掛かります。いろいろな眼の使い方をすることで自然と深視力は鍛えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。