神経系の発達に合わせて行うレッスン


体を動かすのには常に脳と筋肉で情報のやりとりをしています。
脳 と筋肉とをつないでいるのが運動神経の回路で、この回路がどんどん増えてい く時期が小学生の時期です。
神経系の発達は5歳ごろまでに約80%、12歳までに ほぼ100%となります。
12歳になる直前の数年は 神経系の発達の著しく、様々な神経回路が形成されるので
この時期に様々な刺激を与え、多様な動きを 経験させることは極めて重要とされています。
見る,聞く,触れて感じるなど様々な感覚を働かせたり,手や足をはじめとする多くの運動器
官を動かし,基本的な動きを習得することに適しているじきにビジョントレーニングはとてもおススメ。
またこの時期に獲得した動きや運動能力は 中学校・高等学校でさらに体力の向上やスポーツの技能をのばしていけることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。