行動観察と感覚を養う体験

自分の思いを伝える、指示を理解して行動する、お友だちの意見を尊重する。仲良く遊べる(譲る。気遣うなど)お子様の行動を観察分析し、それを元に成長を促します。感覚を適切に使う体験をトレーニングで重ねられるよう、見る・聞く・話す・触る・動かすを意識しながら、インプット、アウトプットを繰り返し、体験を経験に変えていきます。

リアルな対人関係の中から学習への姿勢、対人関係、自己コントロール、ルールの理解などのコミュニケーション力の向上に取り組みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。